ナイトウ屋根瓦工事TOPページへ
ナイトウ屋根瓦工事有限会社の会社概要
よくある質問
お問い合わせ

安心と実績の有るナイトウ屋根瓦工事有限会社

瓦・屋根工事対応地域

静岡県
浜松市/湖西市/袋井市/磐田市/菊川市/御前崎市/牧ノ原市/静岡市/

愛知県
豊橋市/豊川市/

ナイトウ屋根瓦工事

ナイトウ屋根瓦工事有限会社
〒434-0016
静岡県浜松市浜北区根堅1112
TEL:053-589-8331
FAX:053-589-0589
E-MAIL:info@kawara7110.com

全瓦連第三者賠償共済制度加盟店

取扱いメーカー

ナイトウ屋根瓦工事有限会社の主要取扱い瓦メーカー一覧です。
メーカーにより瓦の形状、色等がございますが瓦はメーカーの製造が終わってしまっている場合がございます。
その場合でも、他メーカーの瓦を加工し自然に修復する事ができます。
また、主要取扱いメーカー以外で全メーカー取扱い可能ですので、どのような工事でも対応する事が可能です。

ナイトウ屋根瓦工事有限会社 主要取扱いメーカー
三州瓦 屋根付を選ぶときには何が大切でしょうか。
屋根は、大切な家を激しい雨や風から守り、家族の暮らしと健康を守る大切な役割を担っています。
したがって、屋根材には、たくさんの機能が必要とされています。
全国に500万戸もあるといわれる石綿スレートの屋根は、それだけで健康への不安をかき立てています。
三州瓦では、屋根材に求められる最も大切な性能について科学的なテストを行い、瓦のすぐれた性能を実証します。
株式会社鶴弥 様々な外観の洋風住宅に合わせて、形状・色ともに、バリエーション豊かなタイプを取り揃えております。
「地震・台風・大雨」に強く、暮らしに安全と安心をもたらす強力な「防災瓦」です。
創嘉瓦工業株式会社 よりよい、住環境へ誘う住宅を目指し、最高の瓦により社会に貢献したい。
創業以来瓦作り一筋の社歴の中で培った伝統技術と先端技術を駆使し、21世紀の製品作りにユーザー様の声を取り入れ、より一層の努力を推し進める
創嘉工業株式会社です。
淡路瓦 淡路瓦は、幾多の時代と社会の変遷のなか、400年の歴史を刻んだ伝統工芸的地場産業です。
その間、先人から子々孫々へと受け継がれ、知恵と美意識に磨かれた瓦の形状は、実に数千種類にも及んでいます。
日本の屋根を代表する淡路瓦として、その巧みな組み合わせにより、あらゆる建築物、建築様式に飽きることのない詩情と普遍美を表現し、都市の街並や田園風景にしっとりとした調和と奥深い情緒を生み出します。
緑窯業株式会社 瓦が日本に伝来したのは、今から約1,400年くらい前のこと。淡路島の瓦づくりは、その後しばらくしてから始まりました。淡路島で瓦がつくられた理由は、土にあります。島内から、採掘される良質の原土が、淡路瓦の伝統と技術を培ってきたのです。
また、淡路島のある兵庫県南部は、山陽道などが通る交通の要衝であり、瀬戸内海を使った海運の発達により、都をはじめ、日本各地に淡路瓦が運ばれたことは、容易に想像できます。日本の歴史のなかでも多くの足跡を残してきたことでしょう。
現在、建築等で使われている瓦のほとんどは、愛知県三河の三州瓦、淡路島を中心とした淡路瓦、そして島根県の石州瓦の三大産地でつくられています。私たちが目にする日本瓦は、大きく分けて燻化してつくるいぶし瓦と、釉薬を使った陶器瓦に分類され、淡路瓦と三州瓦が主にいぶし瓦を生産。そのなかで淡路島は、いぶし瓦の生産量で全国一を誇っています。
表面に炭素膜を形成させる独特の製法から生まれるこのいぶし瓦は、銀色に淡く輝く色艶、しっとりとした風格から根強い支持があり、なかでも色艶と色もちで群を抜いている淡路のいぶし瓦は、まさに、日本瓦の代名詞と言っても過言ではないでしょう。
緑窯業株式会社は、このように素晴らしい淡路瓦を、より多くの人に知ってもらいたい、
そして使ってもらいたいという思いから、新製品の開発、生産、普及など、あらゆる面での活動を拡大。瓦づくりを通して、淡路島に根づいた日本の伝統の技と知恵を、次代に伝えていきたいと考えています。
クボタ松下電工外装株式会社 住まいの屋根に瓦を選ぶとき、もう「軽さ」を犠牲にすることはありません。
重厚感がありながら軽量。しかも、強い衝撃にも割れにくく、快適性や安全性といった屋根材としての基本性能も、次世代の水準であること。
KMEWの目指した理想の瓦づくりは、新素材の開発からスタートしました。
ROOGA。軽い屋根の可能性を広げます。

当社は、主要取扱いメーカー以外で全メーカー取扱い可能です。 屋根に関する事でしたらどのような工事でも対応する事が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お見積りの依頼、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。